自然に感謝する心と、モノを大切にする心を。

かつて江戸時代、日本は世界有数の循環型社会だったと言われています。自然に感謝し、自然と共に生きることがあたり前の暮らし。ここ三富(さんとめ)も、そうした里山のひとつでした。ひらかれたのは、300年ほど前。5代目将軍徳川綱吉の側用人、柳沢吉保が、この地のやせた土壌を豊かにするため木を植え、水を生み出し、里山をつくり、三富と名づけました。みんなが自然を大事にし、親しみをこめて雑木林を“ヤマ”と呼び、やまゆりの花が群生していたそうです。

ところが私たちの大量生産、大量消費の便利な時代は、里山の有り難みをすっかり忘れ、いつの間にかこの“ヤマ”も、ゴミが散乱する林になっていました。「このままではいけない。大切なことを忘れてはいけない」私たちは三富の森を再生させるために、不法投棄されたゴミを拾うことからはじめました。その結果、少しずつ生物たちが戻りはじめ、2012年にはJHEP認証“AAA”を取得。生物多様性の高い里山に復元することができました。

人と自然と技術の共生へ。この三富今昔村が“ともに自然を守り、ともに里山の新しい価値を生み出しながら、多世代で交流し、ともに学ぶ場”になることを願っています。気候変動、生物多様性、廃棄物のあり方について、一緒になって100年先を考えつづけていく。そうして、地球の“持続可能性への知恵”が集まる場となり、一人ひとりが「今日、自分にできることは何か」を考え、一つひとつ行動を起こしていく機会になれたら、大変うれしく思います。

年間約30テーマ、50プログラム。五感で学ぶ、多彩なコース。

カワセミ、ホタル、ニホンミツバチ、ヤマユリ・・・。ここには、めずらしい植物や生き物がたくさん住んでいます。東京ドーム約4個分。豊かな自然の中で、「自然と共生する暮らしとは何か」を五感で学ぶのが、三富今昔村の楽しみ方!石坂ファームで採れる旬の野菜を使ったおいしい体験“Food Learning”や、収穫体験から農業と環境を考える“Farm Learning”。植物や生き物を観察して新たな発見を楽しむ“Forest Learning”。そして、シーズンに合わせた特別な体験“Special Learning”。4つのLearningをメインに、春夏秋冬それぞれの体験を用意しています。

みんなの活動の場。アイデア次第で、無限の楽しみ方があります。

事前にご相談をいただければ、活動の場として貸し出しも行っております。例えば、森をステージにした音楽活動や、ガール(ボーイ)スカウトの訓練、草笛教室、気功の勉強会など。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 049-259-6565 (10:00-17:00 日曜を除く)

この“ヤマ”は、みんなで育む自然。
地権者の皆様の協力で運営しています。