いわば村の入り口。まずはこちらの受付にお越しください。建物の意匠は、所沢周辺で盛んだった養蚕農家の建物を復元したもの。埼玉県産のケヤキ材を使って昔ながらの宮造り工法で建てられました。白木が使えば使うほど飴色に美しく経年変化するように、末長く人と人を繋げる交流の場として使われたら、という願いが込められています。

楽しみ方①
地域と、海外と、交流しよう。

その名の通り、ここではたくさんの交流イベントが行われています。過去には、「森」「生き物」を考えるワークショップやクリスマスのクラフト教室など、自然や季節を感じるイベントを多数開催。海外の方も多く招き入れ、エクアドルの子どもたちと地元の子どもたちとの交流や、フィンランド・ラハティ郡使節団による「グローバル特別セミナー」も開催しました。こうしたイベントに参加するだけでなく、人と人との交流の場として、楽器の演奏会、合唱の披露、写真展、ワークショップや教室など、ご自身で企画してご活用いただくこともできます。お電話にてお気軽にお問い合わせください。

三富今昔村で開催中のイベント

楽しみ方②
畑とつながる、おいしい体験。

地産地消が進み、食育が推進されれば食生活の改善はもちろん、農業問題、環境問題の解決にもつながるはず。そんなことを願って、「おいしい体験プログラム」を用意しています。コンセプトは「地元で育てた新鮮野菜をよりおいしい方法で食べていただく」こと。例えば、石坂ファームで収穫を体験し、採れたての野菜を味わいながら、「三富新田」の歴史・文化に根付いた農法を学ぶことができます。収穫した野菜の調理の方法や、おいしく食べるための保存方法を学び、地産地消の意味や食育を体感することもできます。ふだんは何気なく捨ててしまう野菜クズ(皮や切れ端)を使った料理で、ムダにしない暮らし方も味わえます。ぜひ、五感で体験しに来てください。

おいしい体験プログラム

楽しみ方③
誕生日も、結婚式も。森の中でサプライズ!

例えば、食材は自分たちで、石坂ファームの野菜を収穫する。その野菜を使った料理をふるまいながら、緑豊かな自然の中でサプライズパーティーをひらく!食材の生産からイベント当日まで、コーディネートのお手伝いをします。みんなで楽しみながら、里山をどんどん使うことで、里山の素晴らしさを知ってほしいと思っています。ぜひ、ご相談ください。

<お問い合わせ>

くぬぎの森交流プラザ

TEL.04-2941-2387
埼玉県所沢市下富1341-1

■営業時間■
くぬぎの森交流プラザへは9:30〜入場できます
くぬぎの森へは10:00〜入場となります

4~10月10:00ー17:00
11~3月 10:00ー16:00
定休日:毎週日曜日

ご利用案内

・交流プラザの本棚や、くぬぎの森の図書館の本は、ほとんどは地域の皆様から寄贈していただいたもの。環境や自然に関わる本、食や健康、ライフスタイル等に関わる本を寄贈してくださった方は、入村料の500円を免除させていただきます。1冊から始める森の保全活動に、ご協力をお願いいたします。

・ミーティングルームをご利用いただけます。研修、会議、勉強会などでご利用ください。最大24名様まで、1時間1000円(税込)。

・三富今昔村では、里山の自然、生態系を守るため、皆様のご支援をお願いしています。くぬぎの森へ入場の際は、森の保全活動費として大人の方には入村料500円をいただいています。

・パウンドケーキやはちみつ、はったい粉など、石坂ファームで採れた野菜を使った商品は、こちらで販売しています。三富今昔村名物のお土産をぜひご賞味ください。

・ペットの入場は、交流プラザ駐車場及びテラス席までは同伴いただけます。生物多様性保全の観点から森への入場はご遠慮いただいております。

パウンドケーキやはちみつ、はったい粉など、石坂ファームで採れた野菜を
使った商品や、森の中にある「パン工房」で焼いた出来立てのパンは
こちらで販売しています。三富今昔村名物のお土産をぜひご賞味ください。