くぬぎの森環境塾

子どもの頃によくどうぶつや植物と接したり、自然で遊んだ大人ほど、人間関係能力が高いといわれています。
三富今昔村では、里山で生物多様性と自然と人との関わりを学んだり、廃棄物がリサイクルされる工程を間近で見ることができます。

くぬぎの森環境塾のカリキュラム

子どもも大人も楽しめる環境の学校です。
たくさんのいきものや面白い先生たち、昔の生活をのぞける民俗館や、体験農園が楽しめます。
合宿もできるので、ぜひご利用ください。

環境ナビゲーター紹介

三富今昔村をたのしくご案内する環境の講師たちをご紹介します。

ご要望に応じたカリキュラムをご提案します。予約フォームからお問い合わせください。

石澤 直也さんの写真

くぬぎの森ナビゲーター

石澤 直也先生

くぬぎの森には動植物あわせて1300種以上が生息していると言われています。雑木林の生きものの多様性を保つためには、植生を豊かにすることが大事です。
三富今昔村では、昔からこの地で行われていた雑木林の輪伐を行っています。有機栽培や生物多様性に人びとの関心が向いてきた今こそ、雑木林を保全し、上手に活用していくことで、昔のような美しい雑木林を再生し、地域文化と環境教育の場を広げていきたいと思っています。


ナビゲーター・石澤直也先生が
毎月のくぬぎの森の様子をくわしくお届けしています。
ぜひご覧ください。