こども編集長になろう!リサイクル工場でつくるオリジナル新聞

夏休みSATOYAMAキッズアカデミー

2020.08.18・22
-

家が壊されたあと、屋根や柱や土台がどうなっているか、考えたことはありますか? がれきや木材などは、実はリサイクルされ、また建物や公園などに使われる材料となります。 このプログラムでは、リサイクル工場の見学はもちろん、環境問題の最前線を走るスタッフに実際にインタビューして、リサイクルやごみ問題のリアルな現場を伝える、オリジナル新聞をつくります。 新聞記者&編集長になったつもりで、いつもの夏とはひと味違う夏を過ごそう!

2020

編集長のミッション①
リサイクル工場に突撃リポート!

三富今昔村を運営する石坂産業では、建物などが壊された際に出てしまう廃棄物をリサイクルしています。

リサイクルってなんだろう?
環境にどんな影響があるんだろう?

そんなことを伝えるための、新聞や雑誌の1日編集長になったつもりで、実際の現場を"取材"してみましょう!

まずは担当スタッフと一緒に家の解体をはじめとしたリサイクルについて学びます。その後、実際にリサイクル工場を見学!さらに知識を深めていきます。

たっぷり学んだあとは、編集長のみんなが工場ではたらくスタッフに直接インタビュー!

はじめはドキドキするかもしれませんが、やさしいスタッフばかりなので大丈夫。
気になったことはどんどん、メモをとりながら何でも聞いてみましょう♪

編集長のミッション②
新聞をつくろう!

たっぷり取材を終えた後は、いよいよ編集の作業!
編集長の腕の見せ所です。

今まで勉強したり、インタビューをしてわかったこと、自分が思ったことなどを整理してオリジナルの新聞をつくりましょう。
文章はもちろん、写真やカラーペンをつかって工夫しながら仕上げます。
※完成まではスタッフがサポートするのでご安心ください♪

完成した新聞は、コピーをして交流プラザに掲示します。
1日の学びをたくさんの人に見てもらおう!

※写真はイメージです

保護者の方へ

こちらのプログラムは、小学生~中学生のお子さまのみ参加が可能です。 保護者の方の付き添いはできませんので、予めご了承ください。 お子さまがプログラムに参加している間は、ぜひ交流プラザやくぬぎの森の中での時間をお楽しみください。

※その際には、大人の方には森入場の際、保全費800円(税込)を別途お願いしております。
また、初めて来場の方には、1家族様に1冊「入村BOOK」(税込200円)をご購入いただきます。三富今昔村の成り立ちや、里山での楽しみ方を記載したものです。

開催概要

■開催日時
・8月1日(土)
・8月8日(土)
・8月19日(水)
・8月22日(土)

10:00〜15:30
★昼食つき!

■定員
各回10名様まで

■参加料金
お一人さま 5000円(税込)
※保護者同伴なし

■対象
小学生~中学生のみ
※保護者同伴なし

■参加方法
下記申込みボタンより事前にお申込みください。
ご予約締切は、開催日の3営業日前です。
当日は、開始時刻の10分前までに、くぬぎの森交流プラザでの受付をお済ませください。
受付時に参加料金をお支払いいただきます。

・プログラムの内容は一部変更する可能性があります。予めご了承ください。
・参加者お一人につき、お一人様分の体験料金をいただきます。
・混雑時には、駐車場のご案内に時間がかかることがあります。時間に余裕を持ってお越しください。
・最少催行人数(3名)に満たなかった場合は、開催を見送る場合があります。あらかじめご了承ください。
・開催日の3日前以降のキャンセルについては、キャンセル料として体験費用全額をいただきます。 ご都合が悪くなった場合は、三富今昔村事務局までご連絡ください。
・30分以上の遅刻はキャンセル扱いとなりますのでご注意ください。

8月19日(水)ご予約はこちらから 8月22日(土)ご予約はこちらから
※コロナウイルス感染対策に伴う行政からの要請や社会状況等により、突然の変更をする場合があります。あらかじめご了承ください。