自然に感謝する心と、モノを大切にする心を。

かつて江戸時代、日本は世界有数の循環型社会だったと言われています。自然に感謝し、自然と共に生きることがあたり前の暮らし。ここ三富(さんとめ)も、そうした里山のひとつでした。ひらかれたのは、300年ほど前。5代目将軍徳川綱吉の側用人、柳沢吉保が、この地のやせた土壌を豊かにするため木を植え、水を生み出し、里山をつくり、三富と名づけました。みんなが自然を大事にし、親しみをこめて雑木林を“ヤマ”と呼び、やまゆりの花が群生していたそうです。

ところが私たちの大量生産、大量消費の便利な時代は、里山の有り難みをすっかり忘れ、いつの間にかこの“ヤマ”も、ゴミが散乱する林になっていました。「このままではいけない。大切なことを忘れてはいけない」私たちは三富の森を再生させるために、不法投棄されたゴミを拾うことからはじめました。その結果、少しずつ生物たちが戻りはじめ、2012年にはJHEP認証“AAA”を取得。生物多様性の高い里山に復元することができました。

人と自然と技術の共生へ。この三富今昔村が“ともに自然を守り、ともに里山の新しい価値を生み出しながら、多世代で交流し、ともに学ぶ場”になることを願っています。気候変動、生物多様性、廃棄物のあり方について、一緒になって100年先を考えつづけていく。そうして、地球の“持続可能性への知恵”が集まる場となり、一人ひとりが「今日、自分にできることは何か」を考え、一つひとつ行動を起こしていく機会になれたら、大変うれしく思います。

五感で学ぶ、里山環境教育フィールド。

東京ドーム約4個分の敷地内では、資源を生み出すリサイクル工場の見学や、くぬぎの森の植物や生きものとの楽しみ方を発見するガイウォーク、オーガニック自社農園「石坂ファーム」で土づくりや野菜の成長を実感する食農育体験、里山の暮らしを体験しながら学ぶ里山体験プログラムなど、多彩なプログラムを開催しています。
くぬぎの森交流プラザでは、食を通して環境や地産地消を感じていただく「おいしい体験」もご用意しています。

三富今昔村は、埼玉県で唯一「体験の機会の場(※1)」の認定を受けたフィールドです。
からだいっぱいに自然を感じ、ESD(※2)を通じて「つぎの暮らしをつくる」ヒントを持ち帰っていただける、そんな場所でありたいと思っています。

※1体験の機会の場…自然体験活動等、環境保全の意欲増進に係る体験をする場を都道府県知事が認定する制度。
※2ESD…Education for Sustainable Development=持続可能な開発のための教育。体験を通して、持続可能な社会の創造を目指す学習や活動のこと。

みんなの活動の場。アイデア次第で、無限の楽しみ方があります。

事前にご相談をいただければ、活動の場として貸し出しも行っております。例えば、森をステージにした音楽活動や、ガール(ボーイ)スカウトの訓練、草笛教室、気功の勉強会など。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 049-259-6565 (10:00-17:00 日曜を除く)

この“ヤマ”は、みんなで育む自然。
地権者の皆様の協力で運営しています。