【終了】ファームのミツバチのミツロウをキャンドルに

生物多様性を考える

2021.10.23
-

子どもが安心して使えるクレヨンの材料になっていたり、
最近では、繰り返し洗って使えるみつろうラップもよく見かけるようになったので、
蜜蝋(みつろう)をご存じの方も多いのではないでしょうか?

今回のプログラムでは、貴重なみつろうを使い和ろうそくを作ります。

天然素材だけで作る安心安全な“みつろうろうそく”
出来上がったはろうそくは各自お持ち帰りいただけます。

自然の恵みに感謝し、余すことなく大切に使う

三富今昔村の農園「石坂オーガニックファーム」では、みつばちの養蜂を行っています。
生態系を守るため、みつばちが暮らせる環境づくりにも取り組んでいます。

今回は村内採取したミツバチの巣から取り出したみつろうを使用します。

働き蜂は腹部にある分泌腺から分泌するロウを使って巣を構成しますが、1匹の蜂が作れるみつろうは約0.5g。はちみつ自体が貴重ですが、みつろうは更に少なく、はちみつの10分の1程しか作り出すことが出来ない大変貴重なものです。

当日はミツバチの生態についてもじっくりとお伝えします!

天然成分で作るエコな和ろうそく

取り出したみつろうを、陶器や耐熱ガラスに入れ、ろうそく芯に少しずつ固めていきます。
焦らずにゆっくりと繰り返します。
難しい作業ではないので、お子様でもじっくり取り組めば大丈夫!

出来上がった“みつろうろうそく”に火をつけてみましょう。
天然素材を原料とする和ろうそく煤(すす)が出にくいのが特徴です。

今回は未精製のみつろうを使用するため、火を灯すとほのかに甘い香りが漂います。
ご自宅でのリラックスタイムにも最適です。

開催概要

■開催日時
9月20日(月・祝)10:30〜/14:00〜【終了】
10月23日(土)10:30〜/14:00〜
※所要時間約120分

■定員
各回15名様まで
前日までの事前予約に空きがあれば、当日参加も受け付けます

■集合場所
陽のヤマ 10000の丘(旧 ハーブガーデン)

■参加料金
1名様 1500円(税込)
※小学2年生以下のお子様が参加される場合は、保護者1名の同伴が必須となります。付き添いの場合も、参加料金をいただきます。

・大人の方には入場の際、別途里山の保全費800円(税込)をお願いしております。
・初めて来場の方には、1家族様に1冊「入村BOOK」200円(税込)をご購入いただきます。三富今昔村の成り立ちや、里山での楽しみ方を記載したものです。

■対象
5歳以上

■持ち物
・歩きやすい靴
・手拭きタオル
・帽子
・水分補給の為の水筒

■参加方法
下記申込みボタンより各開催日の前日までにお申込みください。
当日は、開始時刻の10分前までに、くぬぎの森交流プラザまたはオークリーフでの受付をお済ませください。
受付時に参加料金をお支払いいただきます。

10月23日(土)10:30〜 ご予約はこちらから 10月23日(土)14:00〜 ご予約はこちらから

・参加者お一人につき、お一人様分の体験料金をいただきます。
・森へご入場の際、入村料として、大人の方には保全費をお願いしております。
・混雑時には、駐車場や受付のご案内に時間がかかることがあります。時間に余裕を持ってお越しください。
・マスクを着用してご参加ください。
・風邪の症状や37.5℃以上の発熱がある方、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方は、ご参加をお控えください。
・ご予約完了後、体験プログラム開催日3日前以降のキャンセルにつきましてはキャンセル料として体験費用全額を承ります。
・参加料金は、当日受付にてお支払いをお願いいたします。