Event

昔と今の食の違い

登壇:
山田正彦 (元農林水産大臣、弁護士)

日本では報道されませんが 、米国、EUでは 今大変なことが起きています。
食と農業に関連し、企業と消費者をめぐり、多くの裁判が起こっているのです。
農薬が人間の健康にどのように影響していくのか、その背景で起こっている
報道されない事実を通し、どのような食を選択する必要があるのかをお話しします。
正しい情報、知識をもつことがいかに大事であるかということが実感できます。
そして、昔の食と現在の食の違いを通し、食生活が与える影響についてお話しします。

★山田正彦(元農林水産大臣、弁護士)
1942年長崎県生まれ。弁護士。早稲田大学法学部卒。司法試験に合格後、故郷で牧場を開く。
オイルショックにより牧場経営を終え、弁護士に専念。その後、衆議院議員に立候補し、4度目で当選。
2010年6月、農林水産大臣に就任。12年、民主党を離党し、反TPP・脱原発・消費税増税凍結を公約に
日本未来の党を結党。現在は、弁護士の業務に加え、TPPや種子法廃止の問題点を明らかにすべく
現地調査を行い、また各地で講演や勉強会を行っている。

時間
13:10~14:10
エリア
和のヤマ
料金
有料
注意事項
・定員 80名
・事前予約制となります。予約サイトは3月よりオープンします。