【終了】三富今昔村のサステナブルひな祭り

古いものを取り入れ大切にする暮らし

2022.02.18 - 03.03
-

〜SANTOME KONJAKUMURA サステナブルひな祭り〜
3月3日は桃の節句、ひな祭りです。
2/18(金)〜3/3(木)の2週間は「古いものを取り入れ大切にする暮らし」を感じられる、
サステナブル(=持続可能)な三富今昔村のひな祭りを開催します!

里山でおひろめ!おひな様

ずっと押し入れに大事にしまっているままの昔飾ったおひな様。
もう出すきっかけがなくなってしまったおひな様を、もう一度みんなで楽しむ機会をご用意しました。

交流プラザ、オークリーフ、森の中、期間中はあらゆるところにおひな様が出現して里山を華やかに彩ります。これらのおひな様はスタッフの家にねむっていたもの。全部で何組のおひな様に出会えるか、ぜひ探してみてください。

みんなでつくる「吊るしびな」

ひな祭りの日におひな様の脇にお人形を吊るす「吊るしびな」。
江戸時代から伝わるお飾りで、おばあちゃん、お母さんがこどもの幸せや成長を祈りながら、丁寧に縫い上げた日本古来の人形伝統文化です。
三富今昔村では様々な色合いの折り紙で、鶴や紙風船、花などを作り、一つ一つ繋げオリジナルの吊るしびなをつくります。ご来村やお食事の際には、ぜひご参加ください。

■みんなでつくる吊るしびな
体験期間:2月2日(水)〜2月18日(金)にご来村される方、交流プラザにてお食事をされる方
展示期間:2月18日(金)〜3月3日(木)
場所:くぬぎの森 交流プラザ

お祝いごとの多い春にぴったりなお菓子づくり

三富今昔村では、里山の自然素材をつかった体験プログラムを実施しています。
今回は食べられるお花で宝石のようなフラワーシュガーづくりに挑戦します!

そのまま食べることもできますが、桃の節句でお雛様にお供えしたりお祝いのケーキに添えるだけでとっても華やかになります。お祝いごとの多い季節、春にぴったりの特別なお菓子づくり。

■ひな祭りに使いたい “SATOYAMAフラワーシュガー”(2/26開催)
詳細・ご予約はこちら

旬の食材で行事食を愉しむ暮らし

季節ごとの行事やお祝いの日に食べる特別な料理を「行事食」といいます。
その時々の旬の食材を取り入れたものが多く、家族の幸せや健康を願う意味が込められています。

行事食を食べる年中行事の日は「ハレの日」と呼ばれ、栄養満点のご馳走を食べ、体調を崩しやすい季節の変わり目を賢く乗り切っていました。
旬の食材をつかった行事食を愉しみながら、新しい季節の訪れを祝いましょう。

■サステナブルひな祭り限定メニュー
<桃の節句御膳>【土・月曜、祝日限定】
石坂オーガニックファームの原木しいたけを混ぜ込んだ色鮮やかなちらし寿司に、国産はまぐりのお吸い物を添えて。はまぐりのお吸い物は、女の子のしあわせを願って作られるひな祭りの伝統的なお祝いメニューです。そら豆、竹の子の木の芽味噌和えなどの小鉢も並びます。

<蛤と菜の花のパスタ>【数量限定】
「子どもが相性のよい相手と結ばれ幸せに暮らせるように」と願いを込めて作られる、ひな祭りの行事食「蛤の潮汁」。これを洋風にアレンジした春の味覚がたっぷり味わえる限定パスタ。春の訪れを告げる菜の花と風味づけに桜を塩漬けを添えた春爛漫な一皿。

<華いなり>
SANTOMEポートリーガーデンの平飼い鶏のたまごや石坂オーガニックファームの旬の野菜を使い、華やかなエディブルフラワーで飾り付け。春を先取りする5つの華いなりで特別な桃の節句をお祝いしましょう。
詳細・ご予約はこちら

その他にも、交流プラザでは野菜で色付けした優しい色合いの三色団子や、ひし餅をイメージしたひなまつり限定スコーンなどが登場します!詳しくは三富今昔村SNSにて情報発信中です!

・森へご入場の際、大人の方には里山保全費をお願いしております。
・初めて来場の方には、1家族様に1冊「入村BOOK」200円(税込)をご購入いただきます。三富今昔村の成り立ちや、里山での楽しみ方を記載したものです。
・お子様も含めマスクを着用してご参加ください。
・風邪の症状や37.5℃以上の発熱がある方、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方は、ご参加をお控えください。
・コロナウイルス感染対策に伴う行政からの要請や社会状況等により、突然の変更をする場合があります。あらかじめご了承ください