ご入村の前に必ずお読みください

ご入村の際は入村料(里山保全費)をいただきます

私たちは荒れ果てていた雑木林を、長い年月をかけて保全し多様な生物が生息する里山へと復元しました。里山は人の生活に密接し、人の手が入ることでその豊かさを保つことができ、そして私たちは美しい自然や緑に大きな恵みを与えてもらっているのです。この自然と緑を未来に向けて守りつなげていくためには、みなさまのご支援が必要となります。

三富今昔村では入村の際、里山保全活動費として、大人(18歳以上)の方のみ入村料をお願いしています。また、当村の様々な体験プログラムの参加料金、お土産の代金等、全て里山の自然や生態系を守るための整備・維持管理費として利用させていただいています。里山保全活動にかかる費用は当サイトにてご報告していますのでぜひご覧ください。豊かな自然を次の世代へ、未来ある子供たちへ残していくためにもご協力をお願いいたします。

入村料について

【土・日・祝・特定日】大人(18歳以上)の方1名につき800円(税込)
【特定日以外の平日】大人(18歳以上)の方1名につき500円(税込)

※学生証を提示いただくと18歳以上でも入村料は免除となります。
※「くぬぎの森交流プラザ」「語りべ館」「オークリーフ」のみのご利用の場合は入村料はいただきません。
特定日についてはこちら

三富今昔村 入村BOOK購入について

三富今昔村へ初めてご来村いただく際にはご家族等1グループにつき1冊「三富今昔村 入村BOOK」を200円(税込)でご購入いただきます。
当村の成り立ちや、里山で楽しんでいただくためのルール等を分かりやすくまとめたものです。三富今昔村にお越しの際は、このBOOKをお読みいただき、ご活用ください。 このBOOKは入村の際に必ずお持ちください。入村時にスタンプを1つ押印します。スタンプが貯まると交流プラザで利用できるお食事券をプレゼントいたします。

・学生、未成年、障害者手帳をお持ちの方は入村料を免除とさせていただきます。学生証や障害者手帳を受付でご提示ください。

・障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳)、障害福祉サービス受給者証をお持ちの方は、入村料を免除させていただいております。同伴の介助者の方は、障害者手帳をお持ちの方お1人につき、介助者お1人様まで免除とさせていただきます。

・お子様のみの、森への入場は小学校4年生から、とさせていただいております。小学3年生以下のお子様は、小学校4年生以上の方とご入場ください。

※「やまゆり鉄道」のチケットは、里山の保全費をいただいた御礼にお渡ししているため、「やまゆり鉄道」へのご乗車を希望される場合には、人数分の保全費をご協力いただいた上で、乗車チケットをお受け取りください。
※車いすでもご入場いただけますが、敷地内は自然の里山です。工場見学、森入場の際は階段や段差の箇所がありますので、通行可能なエリアについてスタッフまでお声がけください。
※盲導犬、介助犬などの補助犬は、交流プラザと森の一部エリアにもご入場いただけます。詳細はスタッフまでお声がけください。

三富今昔村への入村について

<里山保全活動費のご報告>
皆様からいただいた入村料がどのような里山の保全活動に使われたのか
毎年1回ホームページでご報告いたします。 自然と共生する保全活動報告書

自然を守り、皆さまに楽しく安全に過ごしていただくためのお願い

三富今昔村の入口は、「くぬぎの森 交流プラザ」または「オークリーフ」。

まずは、「くぬぎの森交流プラザ」または「オークリーフ」にお越しください。森の入場には【専用パス】が必要です。受付を済ませてご入場ください。

森で楽しく遊ぶために、準備は万全に。

私たちは、ありのままの自然を体感していただくことに価値があると考えております。季節に合った服装、歩きやすい靴など、「森に出かける、遊ぶ」準備をしていただいた上でご来場ください。

駐車場についてのご案内

交流プラザの駐車場が混雑した場合、別の駐車場をご案内することもございます。その場合はスタッフがご案内いたしますので、まずは交流プラザ駐車場にお越しください。

ペット(犬のみ)一部エリアでご同伴いただけます。

三富今昔村は生物多様性の観点から、人と生きものが共存できる“ヤマ”を育んできました。多くの方に来村していただけるようになった今、人間と最も近く接する犬も共に楽しめる場を開放したいという想いから「わんことおでかけエリア」を設けています。
森への入村受付時、わんちゃん1頭につき200円(税込)の保全費が必要となります。また、1組につき同伴できるわんちゃんは2頭までとさせていただきます。
三富今昔村に同伴できるわんちゃんは、犬の登録やワクチンなどの予防接種を受けている必要があります。
詳細はこちらをご確認ください。

森の動植物は、そっと見守ろう。

自然の状態を維持し、生態系を守るため、場内で生きものや草花をとったり傷つけたりしないでください。昆虫や水中生物などに興味がある方は、ナビゲーターがご案内する体験プログラムにご参加ください。

自然を守るために、マナーを守ろう。

美しい里山を守るため、ゴミはお持ち帰りいただいております。オムツなど衛生用品も当社では処理ができないため、お持ち帰りいただいています。ご協力をお願いいたします。

決められた道、コースを歩こう。

入ってはいけない場所には理由があります。さわるとかぶれる植物があったり、スズメバチがでる危険な道も。決められたコース内でお楽しみください。

けが、事故のないようにお気をつけて。

お子様のけが、事故のないよう、保護者の方はお子様から目を離さぬようにお願いします。場内、駐車場内での事故には、一切責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

危険な行為、迷惑行為はNG。

皆様に気持ち良くご利用いただくために、不安全な行為や危険な行為を発見した際には、スタッフがお声掛けさせていただきます。守っていただけない場合は退出していただく場合もございます。宗教や政治の集会等はお断りさせていただきます。

スタッフが安全を守ります。

スタッフは日頃より、有事の際に皆様を安全にサポートするための訓練を行なっています。
緊急時や災害時は身の安全を確保した上でスタッフの指示にしたがってください。
持ち込み物などもスタッフの判断にしたがってください。

10名様以上の団体でお越しのお客様へのお願い

10名様以上でご来村のお客様は、「団体のご来村」となります。必ず事前にご相談ください。また、団体バスでお越しの場合も事前のご相談をお願いします。

くぬぎの森への持ち込み物をチェック

・五感で自然を楽しむフィールドです。ボール、フリスビー、バトミントンなどの遊具はお持込みいただけません。
・手作りではないお弁当(コンビニのお弁当やおにぎり、ファーストフード等)のお持込みはご遠慮ください。
・くぬぎの森ではペットボトルの廃棄を減らすため自販機でのお飲み物の販売はいたしておりません。お飲み物は水筒をご持参いただくか、カフェの手作りドリンクをお買い求めください。
・ゴミの行方を考えていただくきっかけとして、くぬぎの森には、あえてゴミ箱を設置しておりません。ゴミは各自がお持ち帰りいただきますようお願いいたします。
・くぬぎの森でのポップアップテントのご利用は「集のヤマ」に限らせていただいております。周りのお客様に配慮し、混雑時にはご利用をご遠慮ください。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。