マップをダウンロード

東京ドーム4個分の広さの「くぬぎの森」は、9つのヤマ(エリア)に
分かれており、それぞれに特徴や個性があります。

木々を通り抜ける「風」を感じたり、
咲き誇る草花の「香」を感じたり、
太陽の降り注ぐ「光」を感じたり、、、
全てのエリアを回って、
そのヤマならではの五感体験をお楽しみください。

風のヤマ

動植物あわせて1300種以上の生き物が生息する自然の宝庫である「くぬぎの森」。「風」のヤマは樹齢30〜40年の高木が立ち並び、その葉影が地面にうつり、木々の間を通り抜ける「風」を感じることができます。耳をすませば、野鳥のさえずりも聴こえてきます。

  • エナガ

  • コゲラ

  • シメ


廃材から造られた、3つのアート作品もあり、「自然」と「人工」の調和を感じることもできます。3つのアート作品がどこにあるのか見つけてみては?

育のヤマ

「育」のヤマは、太陽の光が降り注ぎ、植物や昆虫などの生命を「育」んでいます。20年に1度、森の若返りのために木々を伐採する低木エリアです。太陽の光が地面に届き、植物や昆虫など多様な生命が育まれます。ウッドデッキとベンチがある「ワークショップ」スペースがあり、ここでスケッチやお弁当をひろげて楽しむこともできます。


枕木の道を歩きながら、季節ごとに咲き変わる小さな草花を楽しんだり、様々な昆虫を探してみましょう。

香のヤマ

ヤマユリ

「香」のヤマは、1年を通じて草花が咲き誇り、花のいい「香」が漂う場所です。アジサイ、シャクナゲ、ツツジ、ヒガンバナ、レンギョウ、シャクヤク、、、と咲き誇る花で賑やかです。7月ごろには「ヤマユリ」が一斉に開花し、芳しい香が立ち込めます。
枝でできた「いらっしゃいませ」の文字も、訪れる方々を和ませます。


  • レンギョウ

  • ヒガンバナ

  • シャクヤク

陽のヤマ

「陽」のヤマは、柔らかな木もれ陽が差しこむ静かで穏やかな場所です。高い木々の間から、太陽の光がいくつもの線となって差し込みます。リンドウやシュンランなどの貴重な植物を楽しむことができます。「わなげ」で楽しんだあとは「木もれ陽ベンチ」で一休み。秋から冬にかけて「落ち葉プール(冬季限定)」も楽しめます。グランピングテントを1棟丸ごと貸し切り、ご家族やご友人と森を満喫できる「DAYキャンプテント」も2019年春にオープン。


  • 木もれ陽ベンチ

  • わなげ

  • DAYキャンプテント

  • 落ち葉プール(冬季限定)

<陽のヤマへの行き方>
・香のヤマから水仙の丘を越えて階段を下りる
・しあわせ神社奥のトイレの階段を下りる

集のヤマ

くぬぎの森カフェ

「集」のヤマは、人々が集い語らう笑顔にあふれる場所。人気の「やまゆり鉄道」はこちらから。「くぬぎの森カフェ」「PIZZA-GOYA」で、一息。「おいしい体験」をお楽しみください。
くぬぎの森カフェでは、三富ラーメン、肉汁うどんなどの小腹を満たすメニューから、スイーツ、ボタニカルドリンクなど、充実したメニューをご用意しています。

  • 三富ラーメン

  • 肉汁うどん

  • こだわり牛乳ソフト

  • くぬぎの森コーラ


  • パン工房

    毎朝パンを手づくりし、焼き立てパンを皆さまに届けます。パンはくぬぎの森交流プラザで販売しています。

  • 日本を代表する左官技能士・挟土秀平氏による壁。タイトルは「憧景」。流れるような線で、三富今昔村の「自然との共生」が表現されています。

  • PIZZA-GOYA

    石坂ファーム産小麦を使用したもちもち生地を、窯で本格的に焼き上げます。トッピングを自分で仕上げて完成です。
    ※季節によりオープン日変動。三富今昔村開村カレンダーをご確認ください。

  • マルゲリータ

    石坂ファームの野菜たっぷりピザ

    クワトロフォルマッジ

  • やまゆり鉄道くぬぎ号(ミニSL)

  • やまゆり鉄道N700系(ミニ新幹線)

結のヤマ

しあわせ神社

「結」のヤマは、人と人を結び、縁をつなぐ場所。アスレチックやツリーハウス、こどもの水辺など、自然の中で思い切り体を動かす子どもたちを、しあわせ神社の神様方が見守ってくれています。

  • 北之神宮社

  • 苦脱ぎ通り

しあわせ神社は、4つの神社「北之神宮社(天照大御神)」、「くぬぎ鎮守神(木花咲耶姫命)」、「しあわせ神社(豊受大御神)」、「苦脱ぎ神社(弟橘媛命)」を合祀し、ここを訪れる人々を「しあわせ(四合わせ)」へ導くよう願いが込められています。


  • キッズ

  • アイビー

  • メープル

  • アスレチック

    自然に囲まれたアスレチック。子どもたちに大人気のスポットです。

  • こどもの水辺(夏季限定)

    お子さまも安心して入れる、暑い夏にぴったりの水辺です。

  • 親水池

    メダカやアメンボなど水辺の生きものとふれあうことができます。

  • 七草田んぼ

    まわりの土手を春の七草に囲まれた、小さな田んぼです。

伝のヤマ"

「伝」のヤマは、昔ながらのヤマの手入れで里山の原風景を今に伝えます。この里山の木の多くは、冬に葉をおとす落葉樹。
秋から冬にかけて、落ち葉かきが行われます。


  • 落ち葉ミルフィーユ

  • ハチのすみか

寒い時期は、落ち葉のミルフィーユをみることもできます。
里山の自然を守る、ミツバチの養蜂をしている「ハチのすみか」もここにあります。

この場所の奥にはプライベートテラス「SATOYAMA TERRACE UNO」があり、可愛いクリアドームの中でおいしい大人のランチを楽しむことができます。

光のヤマ

「光」のヤマは太陽の光が降り注ぐ、暖かな場所。雑貨SHOP「オークリーフ」もここにあります。光のヤマに来るときには、オークリーフから天に伸びる風見鶏を目印にしてください。


  • オークリーフ

  • 野草ガーデン

  • 摘み菜体験

四季を通じて様々な草花が楽しめる野草ガーデンがあり、ここで「摘み菜」体験も開催されます。

三富今昔村の鶏小屋。石坂ファームで育てたハーブ草をエサに食べ、鶏糞を石坂ファームの土づくりに活かす「循環農法」を実現します。“アニマルウェルフェア”にも配慮し、ストレスの少ない環境でニワトリを飼育します。

和のヤマ

「和」のヤマは、静かな里山風景が楽しめ、人々が和める場所。
※ガイド付き見学の方限定でご案内

三富今昔語りべ館

  • 三富今昔語りべ館

    江戸時代から昭和期までの衣食住がよくわかる資料館。2階では、三富の歴史を伝える数ある昔話を「紙芝居」でお楽しみいただけます。

  • 三富今昔おもしろ館

    昔の農機具や古民具を展示。昔の暮らしの工夫が学べます。

  • 足湯

    自然の中で足湯もご利用いただけます。季節によって、くぬぎの森の野草の香りも楽しめます。
    ※足湯は事前予約制となります。

  • 水車

    水流の力を使って回転し、石臼挽きをする様子が見学できます。

  • 室(ムロ)

    地下4mに十字の穴を掘り、昔ながらの農法で「白うど」を栽培しています。

  • 釣瓶井戸

    近くに川のない三富の暮らしに、井戸は欠かせないものでした。

  • 水琴窟

    地中に埋めた甕(かめ)の底に溜まった水面に水滴が落ち、琴に似た音を響かせます。

周辺エリア

  • 多福寺
    -たふくじ-

    三富新田に関する資料が多数保管されています。国木田独歩が「武蔵野」に著した里山の風景が色濃く残っています。

  • 多聞院
    -たもんいん-

    所沢市指定文化財の毘沙門堂は約250年前に建てられ、江戸中期の御堂建築としても貴重なものです。4月下旬には300株をこえる牡丹が見られます。

  • 富の神明社
    -とみのしんめいしゃ-

    関東のさつまいもづくりの元祖といわれる甘藷先生に由来し『甘藷乃神(いものかみ)』が祀られています。

  • 木宮地蔵堂
    -きのみやじぞうどう-

    古くから子授け、安産、子育てのお地蔵さまとして信仰を集めてきました。
    入間東部地区で最古の石地蔵で、4月、8月の縁日には、大勢の参拝客で賑う。

  • 若山牧水記念碑

    旅と酒を愛した歌人、若山牧水。
    牧水の祖父・健海の実家があったこの地を訪れたことを記念して、石碑が建てられました。