【終了】夏休み写真講座/三富今昔村の写真日記をつくろう!

夏休み親子写真講座

2020.08.22
-

いつもより短い今年の夏休み。
遠くに出かけたり、みんなで集まったりするのが難しい今年だからこそ、身近なものに目を向けてみるのはいかがでしょう?

三富今昔村では、夏休みの思い出づくりとして「親子向け写真講座」を開催します! 撮影の舞台はここ、三富今昔村。 里山の原風景の中で、四季折々の植物や生きもののいのちが輝く場所です。

写真家・西山俊哉さんを講師に招き、カメラ好きの方はもちろん、「興味はあるけど何から撮ればいいのか分からない」「そもそもスマホしか持ってない」という方でも安心してご参加いただけるプログラムです。

三富今昔村で過ごすかけがえのない1日を切り取って、写真日記をつくりましょう! 撮影した作品は、三富今昔村2022年カレンダーのフォトコンテストに応募できます。

2022年三富今昔村カレンダーフォトコンテストについてはこちらから

夏の里山を切り取ろう!

当日は、雑誌や企業・学校法人の広報物などの制作に携わる写真家が講師として直接指導。自然の中で被写体を発見する方法や、簡単アングル講座、事例写真紹介など、お子さまでも分かりやすいよう写真の撮り方をレクチャーします。
単なる記録ではなく、そのときの感情や心の動きも映し出す「写真」を撮って、三富今昔村で過ごす夏の1日を写真日記に残そう。

また、この写真講座は季節ごとに開催予定。季節の移ろいとともに変わってゆく里山の景色を、ぜひ写真に収めてくださいね。

<講師> 西山俊哉(にしやま・としや)
株式会社トツマルボックス代表取締役。1996年、日本リアリズム写真集団主催「視点展」にて新人賞受賞。東京都美術館に作品展示。以降、カメラマンとして日本各地だけでなく世界各国の撮影にも同行し新しい作品作りに取り組む。
写真撮影、取材・原稿執筆を中心に、雑誌、企業や学校法人の広報ツール・パンフレットなどの企画・編集までをトータルに手がける。
https://www.pasharigoto.com/about/

写真のコツは講師にどんどん聞いてみよう!

開催概要

■開催日時
8月22日(土)10:30~12:00 ※親子向け

■定員
10組様(1組3名まで、2組様から催行)

■対象年齢
小学生以上のお子さまとその保護者さま

■プログラム内容
オープニング(写真日記やフォトコンテストについてのご説明)

写真の撮り方講座

写真撮影実習:三富今昔村くぬぎの森内

写真日記制作

全体まとめ&写真講評 アンケート・終了

■参加料金
1組様 3000円(税込)※1組は3名まで

■持ち物
・カメラ/スマートフォンなど撮影できるもの
・水分補給できるもの
・汗拭きタオル
・帽子、日焼け止めなど
・虫除けスプレーなど

■ご参加に際して
親子でご参加の場合、1組は3名までとさせていただきます。4名の場合は2組扱いとなります。

■参加方法
WEBサイトからのお申込みは、下記申込みボタンより各開催日の前日が締切です。
当日は、開始時刻の10分前までに入村受付をお済ませください。
受付時に参加料金をお支払いいただきます。

8月22日(土)10:30
ご予約はこちらから

・混雑時には、駐車場や受付のご案内に時間がかかることがあります。時間に余裕を持ってお越しください。
・最少催行人数(2組)に満たなかった場合は、開催を見送る場合があります。あらかじめご了承ください。
・コースのお申込後、ご案内のため来場方法(自家用車or当社送迎バス利用)をお伺いします。
・ご予約完了後、体験プログラム開催日前日以降のキャンセルにつきましてはキャンセル料として体験費用全額を承ります。

※コロナウイルス感染対策に伴う行政からの要請や社会状況等により、突然の変更をする場合があります。あらかじめご了承ください。